« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016/03/28

平成28年3月27日(日)有珠バチラー夫妻記念堂 イースター礼拝

とても華やかなイエス・キリストの

 

復活を祝うイースターの礼拝に

 

参加しました。

 

イースターは教会の最古の儀式で

 

イエスの復活を祝って行われます。

 

(o^-^o)

 

「イースターって、何?」

 

と思う方も多いと思いますが、

 

教会の1番賑やかな行事の1つで

 

「イースターエッグ」が花を添えます。

 

031

イースターといえば!

 

タマゴなんです。

 

教会によって、それぞれ違うのですが、

 

有珠バチラー教会のタマゴは

 

素敵な色付きのゆで卵を

 

とってもかわいくラッピング!

 

タマゴには見えないかも

 

しれませんが、中身はゆで卵です。

 

068_2

 

イースターは、

 

 

 

春分の日の、最初の満月の

 

 

 

次の日曜日

 

 

 

と決められています。

 

 

 

毎年、開催の日が変動しますが

 

 

 

必ず日曜日に行われます。

 

今年は3月27日(日)に行われました。

 

019

 

歴史を感じるバチラー夫妻記念堂

 

020

 

Photo_3

 

対の特注のキャンドル台と、

 

対の特注のパスカルキャンドル

 

どちらも素晴らしかったです。

 

 

 

026

 

入口にある教会の鐘は、礼拝時間に

 

鐘を鳴らします。

 

本日の礼拝は

 

午後4時30分から!

 

時間ピッタリに、有珠の町に

 

鐘の音が響きます。

 

その鐘と同時に賛美歌を歌って

 

礼拝が始まりました。

 

久々の教会での礼拝で、わからないながらも

 

イエス・キリストの復活を祝いました。

 

029

 

本日は洗礼式もありました。

 

はじめて、洗礼に立会いました。

 

大変厳かな儀式です。

 

035_2


夕闇にやさしく洩れる教会の灯り

 

とても幻想的でした。

 

034

 

何度撮っても、灯りが揺れて

 

写ります・・・

 

灯りもイースターを

 

祝福しているよう・・・・。

 

喜んでいるような、光の造形美です。

 

032_2

とってもかわいいスポンジケーキ

 

イースターは子どもも大好きな

 

楽しい催しです。

 

牧師さんの素晴らしいお話も

 

聴くことができました。

 

「私たちは死ぬべき身体を

 

 もって生まれている」

 

というお話でした。

 

個人的には

 

死は神の祝福と思って生きて

 

いますので、とても大きく

 

頷いてしまいました。

 

すべての人に

 

たくさんの幸せが

 

ありますように

 

祈る 幸せな1日でした。

 

聖公会のみなさま

 

ありがとうございました。

 

とても楽しい日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

有珠善光寺 黄花甘菜(キバナノアマナ)が群生しています

黄色い愛らしい花が咲く

黄花甘菜(キバナノアマナ)が

広範囲に群生している

有珠善光寺の境内

今年は驚く程早く

咲き始めました。

012

014

このまま暖かさが、続けば

早々に、キバナの絨毯をみることが

できそうです!

楽しみですね!

010

今のところは、まだほんの一部が開花

したところ、です。

出かけるなら、も~少し後がおすすめ!です。

花情報、随時ご紹介いたします!












2016/03/24

美味すぎる・・・有珠 佐藤農園のりんごジュース

なが~い間、

 

青森のりんごには

 

どんなことがあっても

 

勝てない・・・と思っていました。

 

それが、

 

昨年 佐藤農園の直売所で

 

りんごを買って

 

099_2

 

あまりの美味しさに

Σ( ゜Д゜)ハッ!

驚きました。

(注)りんごの販売は終了していました

 

そして、

 

今回は、無添加のりんごジュース!

 

100

こんなに美味しいりんごジュースが

 

あるとは・・・・

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉー

言葉で言い表せませんよ~

この美味しさは。

   も~ 

他のが飲めない・・・

 

099

問題ですね・・( ^ω^ )

こんな、おいしいりんごジュースを知ってしまうと・・・

 

しかも、種類が豊富!

 

私は今回は

 

めずらしい「紅玉」のりんごジュースを

 

買ってみました。

 

101

 

めちゃうま!です。

 

今週も有珠に行くので、今度は

 

もっと買ってきます~

お問い合わせはこちら

佐藤農園:
北海道伊達市東有珠町80番地
TEL 0142(38)2160
FAX 0142(38)3121

s.sato@dream.ocn.ne.jp 

 

有珠には、

まだまだ隠れたスグレモノが

たくさんあります!

有珠のおいしいモノや有珠観光ガイド

有珠バカンス村の活動をお伝えする

WEBを作成中です。



 


2016/03/22

有珠のオンリー1

北海道の有珠という町には

1つだけ!

 という場所がけっこうあります。

本日はその1つだけを

 すこ〜し、ご紹介いたします!

有珠の町には

信号は1つしか

ありません。

 

(ただし、北海道の町には信号のない

 町も多々ありますが・・・)

 

有珠は国道37号線の

 有珠駅のところに

1つだけ信号があります。

095


じゃ~ん これがその唯一の信号機

 

 正確には、他に

 手押し信号は2つあり、ほとんど「青」

 状態で作動しております。

 

😥

 

昔は休日に大渋滞していたこともある国道

 

ですが、高速道路が出来てからは特に混雑

 

することもなく、信号1つでOKという

 

有珠の町です。

 

 

のどかさ!際立っておりますよ〜

 

 

次のオンリー1は

 ラーメン店も1つだけ、国道沿いに

あります。

059

「宇宙軒」というお店です。

 

 本店は岩見沢と聞いております。

 (味噌ラーメン 絶品)

 しかし、まだ食べたことがありませんので、

 次回はぜひ!食べたいと思います。

道路を挟んだ、やや向かい側には

 

町唯一の居酒屋
「まこと」があります。
056


勝手に「まことちゃん」と呼んでおりますが、

 

夜には帰るため、まだ1度も

入ったことがありません。

(;´Д`A ```

申し訳ありません。近々行きます!

 

コンビニは

 

少し手前の東有珠というところに

 

ポツンと!
084

 

セイコーマートがあります。

 

もちろん、ここ1店だけ、の
コンビニですよ〜

 

 

回りはサッカー場やパークゴルフ場

 

がありますが、有珠の町からはちょっと

 

離れております。

 

 

昼限定の食事どころも1軒
この近くにあります。
097

 

 

「さっちゃん」

 

 

4月からの営業です。

 

 

古くからの商店も1軒だけ!
営業中です。

028
「石橋商店」は水曜と午後は休み
の場合があります。
夏限定の浜辺のカフェ
「カフェ プラット」

 

077

078

目の前は、海です。

083

よ~くみると駒ケ岳も、見えます!

079
恋人海岸と、右の半島がアルトリ岬

夏に訪れたい場所です。


有珠の違った意味での、

しかし唯一無二の オンリー1

情報でした~

 

 

 

2016/03/21

早春のアルトリ岬 と 今日のうSwan くん

風は少し冷たいものの

本日の有珠はキモチのよい

お天気でした。

091

090

有珠駅の福寿草

春!ですよ~!

055

日差しがまぶしい 有珠 善光寺

047

有珠善光寺に近い、有珠の海の風景

対岸に駒ケ岳が霞んで見えます。

有珠の海に飛び出して

いる岬 「アルトリ岬」

キャンプ場にもなっています。

ここからの景色は

最高です。

360度の大パノラマを

体感できます。

073

074

075

068

こちらは、アルトリ岬に登る手前の景色


キモチがスキッとする場所です。

072

では、有珠湾のアイドルに会いにいきましょう~

066

ソフトクリームのようにも

見えますが、お昼寝中の有珠湾の白鳥です。

065

??ちょっと気になって起きたみたいです。

064

ちゃ~んと、生きてます!

062


でも、また眠りの態勢に突入~っ

ソフトクリームが溶けた感じに

よ~く似てます~

でも、

われらがアイドル

うSwanくんが、いない・・・・

あの羽根でどこへいったのでしょうか・・・

伊達と有珠の間の

長和の町の長流川に

同じように羽根のない

白鳥が5羽いる!という情報。

それはいかねば〜っ

ということで、

向かいました~っ

103

いました!いました!

その中に

うSwan くんもいますよ~

12516546_1007699935986437_1217795_2

元気でよかった〜っ

でも、有珠湾にも

来てほしい!   

5羽み〜んな集まってきて

焦って😥

なにかないか・・・と

手元にあった

クラッカーを割ってあげたところ

爆食い!

でも・・・

塩分が多過ぎたみたい、なんです。

うSwan くん

いきなり、川の中州に上がり

108

105

お水 がぶ飲み・・・

ごめんなさい・・・

m(_ _)m

塩分は、やはり

控えめが、健康にいいということが

わかりました。

次回は、パン持参しますから

許してください。

109

まだまだ、喉が渇いている・・・みたい・・・

( ̄Д ̄;;

大丈夫でしょうか・・・

うSwan くん・・・

Cocolog_oekaki_2016_02_12_11_25

今週末も有珠に向かいます。

有珠バチラー夫婦記念堂という

有珠の教会で、イースターの礼拝が

午後4時から行われます。

どなたでも参加いただけますので

ぜひ、お越しください。


2016/03/05

活動前ですが、有珠バカンス村をご案内しました

先月、初めてお客様を

有珠バカンス村にご案内しました。

・・・といいましても、

その「有珠バカンス村」はまだ

なにも始まっておりません・・・

sweat01

クラウドファンディングで、ご支援頂き

有珠が見たい!というリクエストにお答え

しまして、ご一緒いたしました。

その時の感想をいただきましたので

ご紹介いたします。

以下 原文です。

北海道  有珠 その1

この土地が、彼女(畑谷博子さん)の、

有珠バカンス村プロジェクトの地。

歴史ある場所を人々が来て楽しめる場所にしようとしている。

最初に訪ねた通称バチラー教会。ふだんは開いていないそうだが、

この教会を管理されている片平さんという方がストーブをつけて

待っていて下さった。

明治35年に購入された日本で二番目に古いという現役のオルガンも

あった。 バチラーさんは、イギリス生まれ、最初は弁護士を志したが

ケンブリッジで神学を学び香港に来た。そこで体調をくずしたため、

当時香港から航路のあった横浜にM7年に来、その2年後、M9年に

函館→室蘭→札幌。当時は勿論徒歩での移動。

あのクラーク博士、黒田清隆とも接点があったそうな。

M12年 に有珠に来たところ、アイヌのモロッチェ

(日本名向井富蔵)が暖かく迎え、各地を案内した。

ここで半年間アイヌ語とアイヌの習慣を学んだ後、

一旦函館に戻ってアイヌ伝道者として認定され、

再度有珠に移り住んだ。

その後戦争のため、86歳で帰国するまでここに住み続けた。

有珠をとても愛し、アイヌに信頼尊敬の念をこめて、

以後あごひげを伸ばし、

切らなかったらしい。

(これの3倍位のことを片平さんは正確な日付と共に

 次々と語ってくれた、まさに生き字引だった)

(ちょうど「あさが来た」の時代と重なるので、

 東京大阪であんな感じの時にこの地ではこうだったのね。

 名古屋はどんなだったんだろう?)

なにやら生きた歴史をまざまざと見せてもらったよう。

010

Photo
013

北海道 有珠 その2 善光寺 名古屋との関係

有珠で2番目に訪れたのは、

彼女のご先祖の菩提寺でもある「善光寺」。

あの長野の善光寺と同じ字で関係がないこともないらしい。


幕府が中央の管理を徹底させるため、また松前藩がキリシタンを

甘く扱わないことを見張る(?)ために置いた蝦夷3官寺の

ひとつだが、当時のたたずまいを残しているのはここだけとか。


副住職さまが特別に宝物館も見せて下さった。そこで驚き。

名古屋との関係が最近になってわかったのだそうだ。

(メモしなかったので詳細不鮮明なのだが)

何代目かのご住職の姿図を修復したところ、重なっていた文書が

はがされ、そこに文久○年に鷲塚(名古屋の旧名らしい)の偏照院

というお寺から、地獄絵図(亡くなってから49日までの様子)

十幅が送られたという記録が出てきたのだそうだ。

副住職がその名古屋のお寺に電話して聞いてみたのだけれど、

ともかく戦争で全部焼けてしまって名古屋側では記録は何も残っ

てないらしい。博物館にもかけてみたのだけど、やっぱり同じ答え

だったわ(副住職は奥様)、でもこれは確かなことです、と。

ここでも生きた歴史がありました。

12801390_10208616837121073_65259830

3

時間の関係で、2箇所しかご案内できませんでした。

うSwanくんにも、会いに行けませんでした・・・

向かおうと思ったそのときに

急に大粒の雨になり、予定を早めて

宿泊先に移動しました。

23

そうそう!有珠の夕日は絶景です。

(ただし、いつも見ることは

 できませんが・・・)

もっともっと有珠の良さを

ご紹介したいと思います。



« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

支援サイトはこちら!

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ