« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016/06/26

本日のお菓子は「有珠まん」

001

先日、わかさいも本舗で、わかさいもを

食べて、出来立ての美味しさに

うなっておりましたが・・・

002

本日は札幌駅の東口 パセオのわかさいも本舗

で、有珠山銘菓 有珠まんを購入

むか~し

食べた記憶がある・・・のですが、

これ、すごくすごく美味しいお菓子

だったのですね。

コーヒーにも

お茶にも

合う銘菓です!

053

有名なわかさいも

いもの形をしていますが、洞爺のお豆で

作っているお菓子です。

久々に食べたら、美味しいのなんのって・・・

ちょっとくせになる味覚です。


2016/06/25

第8回善光寺フォーラム 開催 有珠善光寺

本日は、
有珠善光寺で

善光寺フォーラムが開催されました。

札幌は少し曇り空でしたが、

途中 暴風雨地帯を通過し

有珠に向かいました。

風はとても強いものの、青空も時折

お天気でした。

予定を早めて

朝9時30分から、宝物館の無料公開。

早速、2年間の修復を終えた

釈迦如来立像を鑑賞してきました。

本日限定で

小幌の岩屋観音の円空作 岩屋観音像も

公開されました。

015

長い間、潮風を受けて原型は

わずかしか残っておりません。

講演は11時~

講師は

東京 芝増上寺の布教師を務める

札幌 龍雲寺の 丸山孝立上人

若くて元気あふれる、分かりやすいお話で

仏教に親しんでもらいたいという

熱意あふれる講演でした。

阿弥陀さま のありがた~いお話でした。

019

満員の講演会場


会場には 講演の時間を間違えて

遅れていらした方を何人か

見受けました。

宝物館の公開時間と、見間違えたようで

とても残念がっておりました。

有珠は本日も花ざかり

031

030

海岸通リの並木道

(アルトリ通リと標識がある道路)

ピンクと白の山法師が満開。

保存保存

2016/06/20

第8回 有珠 善光寺フォーラム

今年で8回目を迎える

善光寺フォーラムのご案内です。

2
 
日時

6月25日(土)
午前10時~午後3時

thunder宝物館 無料開放

円空上人来道350年記念
「円空仏 二体公開」

thunder講演会

「釈迦如来と阿弥陀如来」

講師 大本山増上寺布教師 円山孝立上人

thunder有珠善光寺観光ボランティアによる
 善光寺観光ガイド (無料)

三十三間堂巡り など

shine門前市

地元特産品などを販売
門前市名物「福まもり」も
販売します

 

diamond善光寺フォーラムとは

2005年に
有珠善光寺で、官寺設置200年の
記念行事が行われ、それを機に、

善光寺フォーラムは、始まりました。

宝物館などの文化財を公開し、
江戸時代そのままの有珠善光寺の
歴史に親しんでいただくことを

目的に開催。

 

当日は、宝物館を無料で解放しております。
ぜひ、歴史的価値の高い宝物を

ご覧になってください。

 

 

3
(宝物館)

 

014

有珠善光寺本堂 200年以上も大切に

保存されて使われいます。

北海道の歴史を

語るうえで、とても重要な寺院です。
歴史だけではなく、自然と調和している

本堂は、四季折々に美しい場所です。

4

 
ただいま、有珠善光寺では

珍しい赤いニセアカシヤの花が

満開です。

 

藤の花かと、見間違うように

とても目立って咲いておりますよ〜

 

有珠善光寺門前市メンバーは

19日(日)芝刈りや清掃を

 しました〜

 

とってもすっきり!美しくなった

有珠善光寺にぜひお越し下さい。

 

Cocolog_oekaki_2016_06_20_21_33
まだ、ぜんぜん・・・活躍していない

「ぜんちゃん」も

待っています〜っ

 

scissors

 

 

2016/06/18

有珠善光寺門前市マスコット「ぜんちゃん」の有珠案内

Cocolog_oekaki_2016_06_14_17_07

みなさん こんにちは

ぜん デス。

善光寺のぜん 門前市のぜん

から「ZEN」の文字をもらいました!

ぜんぜん・・・

おもしろくない・・・かも

しれませんが、ぜんぜん

sweat01

気にしないでくださいね〜っ

それでは、
ぜんぜんの「ぜん」

有珠の魅力を

ご案内いたします。

有珠といえば!
有珠善光寺・・・とおもいきや〜っ

北海道の人は、

有珠と言えば、
有珠山
sweat01
Cocolog_oekaki_2016_06_18_20_52

まだ、カンペキに知れ渡っては
いない・・・ようなんです。
しかし、花の名所としては
名高い善光寺です。
でも、ホントはもっとすごい!
ところなんですよ〜っ
6

ここは、江戸時代に建立された茅葺きの屋根の
本堂がそのまま残っているお寺です。
北海道とは思えない、歴史を感じる場所ですよ〜

Cocolog_oekaki_2016_06_16_12_43
そ〜です。ぜんの頭も茅葺きを
イメージしています。
sweat01
3
(春の善光寺)
有珠善光寺の桜は、約1ヶ月に渡って
楽しむことが出来る、たくさんの花見の
方がいらっしゃる場所です。

10
 
山桜、塩釜桜、しだれ桜など
4月下旬〜5月中旬まで
楽しめます。

桜もい〜ですが!
Cocolog_oekaki_2016_06_16_12_59
有珠善光寺に来たならば!
ぜひ、本堂のご本尊さまも
お参りしてください。

shine

有珠善光寺は1年中 年中無休で、
朝7時から 夕方5時まで
本堂を公開しております。

12980740_215770138800162_713862404_
こちらが、本堂の奥にある、ご本尊さま。
shine輝く金色shine が美しいご本尊です。

本堂の左手には、お賓頭盧さんの仏像も
ありますので、こちらもぜひお参りください。
お賓頭盧(おびんずる)さんとは
お釈迦様のお弟子さんの1人だった方で、
病気を治す力があります。
お賓頭盧さんの、仏像をなでると、その効果
があると、言い伝えられています〜

有珠善光寺は、花々に囲まれたうつくしい
場所です。ぜひ、ゆっくり散策してください。
裏の丘全体が有珠善光寺自然公園になっています。
Cocolog_oekaki_2016_06_18_11_22
次は、有珠善光寺の前に広がる
有珠湾をご案内します。

よ〜く見ると!

有珠善光寺の、正門から

うつくしい有珠湾がチラッと
見えますよ〜
13124919_232581897118986_673865615
(有珠湾の夕景)
有珠の天然の入り江有珠湾とその周辺の
海辺は箱庭のような美しさです。
燃えるような夕日も、見ることができます。

波のない静かな入り江には、白鳥も飛来し

海なのに、マガモやカルガモなども泳いでいる

ちょっと珍しい場所です。
4

その有珠湾を眺めながら、善光寺地蔵堂を

目指します。

ここには、有珠の海に流れ着いたと言われる

お地蔵様をまつられています。

4_2
(延命地蔵尊)
地蔵堂も、朝7時から夕方5時まで
年中無休で公開されています。

お堂は閉まっていますが、自由に開けて
お参りできます。

この、お地蔵様 延命地蔵尊には、

数々の逸話があって、病気に人を助けたり

悩みを解決してくれたり、人々をとても

助けてくれるお地蔵様です。

身代わりになってくれるお地蔵さま
として  知られるお地蔵様です。
Cocolog_oekaki_2016_06_18_12_16
有珠善光寺本堂のお賓頭盧さまと

地蔵堂の延命地蔵尊のお地蔵様を

なでると、健康や願いが叶うと
言われております。

有珠善光寺門前市では

ぜんちゃんの
「福まもり」という商品を販売しています。

Cocolog_oekaki_2016_06_18_12_20
こんな形をした 拭くおまもりです。
拭いたあとは、自分で使ってもいいですが

体調が悪い人のお土産にも

とても喜ばれています!


ぜんちゃんの
「福まもり」
拭いたあとの使い方

眼の疲れには、
13

紐を通して、眼にあててアイマスク

のように使います。

じんわり〜っして気持ちがいいですよ。
首にも腰にも、どこにでも巻いて

使えます。

拭くと福が来る!

ぜんちゃん「福まもり」は

有珠善光寺おお賓頭盧さんと

地蔵堂の延命地蔵尊のお地蔵様を

なでたり、拭いたりしてお使いください。

ぜんちゃん「福まもり」は

1枚800円〜1000円で販売中です。

専用の紐も別売りで200円から

売っています。

健康素材を使って、丁寧にはんどめいど
しているんですよ〜

scissors

ぜ〜ひ

有珠善光寺に来て!

もっと健康で

もっと元気になってください!

それでは、ここから

有珠湾を右手に見ながら

教会を目指します。
Cocolog_oekaki_2016_06_18_14_58
目の前に見える、朱塗りの鳥居は

大臼山神社です。

地元では、弁天さんと呼ばれている
女性の神様と山神さまの神社です。

空気がおいし〜っ場所です!

ここを、
道路に沿って進む場合は、先で右に曲がり
あとは、標識にしたがって進むと
突然!小高い丘に教会が見えます。
2
住宅街にひっそりと建っているので
わかりずらい!のですが・・・
とても美しい石造りの教会で、
正式名称は

有珠聖公会バチラー夫婦記念堂です〜

でも、地元では

バチラーさん とか

教会って、呼ばれていますよ〜

注)

教会へは、遊歩道を歩いていく道も

ありま〜す。

ここは、有珠湾の間近に歩く

たのしい道です。

わからないことは、有珠善光寺の

門前市で訪ねてください!

paper

版画:新田 達也さん(伊達出身)

版画家 新田さんのご協力で有珠の版画を
作成できました。ありがとうございました。

イラスト:はたや ひろこ(伊達日赤生まれ)
有珠バカンス村プロジェクト発起人で美術部
のはたやです。うSwanくん、ぜんちゃんの
イラストを担当しています。

2016/06/13

今週の有珠 スーパーマンヒトデに遭遇(汗)

バチラー教会は花ざかり、です。

正式名称は日本聖公会バチラー夫婦記念堂

ですが、長いので、

「バチラーさん」 とか

「教会」 と

地元では呼ばれています。

sweat01

019


ジャーマンアイリスやアヤメが見事でした。

信者さんが、連日お花の手入れをして

いつ行っても、それはそれは美しいお庭を

眺めることができます。

 

 

020

バチラー教会の紫陽花は7月~

こちらも素晴らしい美しさです。

023

今週も行きました!

ロックウォーキングで「チャランケ岩」へ。

026

岩の世界に魅了されています。

テトラポットがない世界って

サイコーですよ~

ヒトデさん、発見

sweat01

028

ん?頑張って立っている・・・ようです。

029

死んだヒトデはよく見るけど・・・

生きたヒトデはあまり記憶がないです。

スーパーーマンの衣装

すご~く色合いが似てる~っ

sweat01

拾われたので、ちょっと怒ってるようで

先端が反り返っています。

sweat01

早々に

海に戻しました。

スーパーマンヒトデさん さようなら~っ

dash

035

チャランケ岩の横で咲く はまなす

030

039

ちょっと痩せたように、感じるのは

ロックウォーキングの成果でしょうか・・・

注意深く岩を歩くと、腹筋にいいようです。

040

こちらは有珠湾の岩場。

潮が込んでくると、ここも海なのですが・・・

今はカラカラに乾いた陸地です。

奥のブルーの海は、有珠湾です。

042

目線と同じ高さに

かもめの巣もある・・・・

043

ここは

いつもは、海なんですよ~

そして、この場所はちょっと

特別な力があるので、

海水に浸っている時に

ご紹介したいと思います。

有珠には、まだまだ!すごいところが

たくさんあります。

ぜひ、有珠にお越しください!

有珠の情報は

http://www.e-usu.com/


2016/06/09

有珠伝説 延命地蔵尊


有珠には、有珠湾と呼ばれる

 美しい天然の入り江があります。

 

068

その海に、流れ着いたと言われる

お地蔵様を延命地蔵尊として

まつっている場所が地蔵堂です。

有珠湾を見渡せる、少し丘になった

場所に地蔵堂は建っています。

 
ここは最初に、

有珠善光寺を建てた由緒ある場所なのだ

そうです。

今は広大な敷地の、有珠善光寺の

原点の場所に、地蔵堂は建っています。

31

春早い時期の地蔵堂です。

058

真冬の1番雪のある時で、このくらいの

積雪です。

雪のほとんど降らない有珠は、真冬でも

穏やかな天候です。

朝7時〜夕方5時まで

1年中 地蔵堂は開放しております。

038

いつでも、お参りをすることができます。

お堂の戸は閉まっておりますが、自由に

お参りいただけます。お帰りの際は

戸を閉めて退去してください。

32
いつもこのように、戸は閉まっておりますが
 
お堂の中には、自由に入ることができます。

 

この地にご縁があって、どんぶらこどんぶらこと

海を越えて、有珠にたどり着いたお地蔵様。

 

背の部分が、舟の役目を果たして流れ着いたと

 

聞いたことがあります。

Photo

こちらが流れ着いたと言われる お地蔵様です。

33

やさしい面立ちの、微笑んでいるように見えるお地蔵様。

 

延命地蔵尊という名前の通り、

 

子供さんの成長を見守ってくれたり

 

人々の健康を守ると言い伝えられております。

 

体の調子の悪いところと、同じところを

お地蔵様に触れて願うと

 

病気などが軽くなったり、治るのが早い

 

と言われております。

お膝が痛む、という人はお地蔵様の膝を

 

手がつらい、という人はお地蔵様の手を

 

軽く触れてください。

本人が行けないという場合は、

代わりに行って、タオルなどで触れて

 

持ち帰ると同様の効果があると

 

言われております。

有珠バカンス村プロジェクトでは、

さらに、もっと!

良くなっていただきたいという

思いから、有珠善光寺門前市で

お地蔵様の願掛け用グッズを

ご用意しております。

健康素材で作りました「願掛け」

 

アイマスク

足バンド

など、1個500円~ご用意しております。

(門前市限定販売中)

 

お地蔵様お参りの時に

この願掛けを持っていき、かる~くお地蔵様を

拭いてお使いください。

 

私も実際に、母の代わりにお地蔵様の膝を

「願掛け」グッズで拭き、母に渡したことがあります。

膝の横にコブのようなものが出来、治りません。

母は毎日、その願掛けの布でコブを拭いていました。

2ヶ月くらい、続けているうちに

みるみるコブが小さくなっていき、

今ではわからないようになりました。

母以外にも
いままでに、たくさんの方々の病気や怪我を救い

願いを叶えているお地蔵様です。

有珠というと、有珠善光寺だけを

 

観光する方が多いのですが、

 

有珠善光寺のルーツの場所に建つ

 

清浄な空気が充満している

 

地蔵堂も、ぜひ訪れていただきたい

場所です。

 

あなたの願いが、正しければ

きっと叶う!という場所、

地蔵堂は、

知る人ぞ知る有珠の名所です。

「延命地蔵尊」は

 これまでにたくさんの方を救っている

 お地蔵様です。

 

有珠バカンス村プロジェクトでは

 

有珠善光寺から地蔵堂までの道を

 

願掛け通リと、呼んでおります。

 

有珠湾を眺めながら、進む美しい通りです。

みなさんの願いを

延命地蔵尊で叶えてください!

 

善光寺延命地蔵尊のお祭りは
毎年 7月23日(宵祭り 精霊流し)と24日に
行われます。
23日は精霊流しが有珠湾で行われ
幻想的な風景になります。

 

有珠情報WEB  (随時更新中です)

        http://www.e-usu.com/

 

 

 

 

 

2016/06/08

有珠善光寺のエゾリスは手水舎で水分補給実況中継(汗)

広大な敷地の中に建っている

 

有珠善光寺。

 

034

 

宝物館の横から登ると

 

さらに自然林が広がって

 

います。

 

本日の主役は

 

善光寺の境内にちょこちょこ

 

現れるエゾリスのりーちゃん!

 

先日ちょっと驚きましたが

 

手水舎でお水を飲んでいました。

 

色合いが似ているので・・・・

 

区別がつきずらいかもしれませんが、

 

小さいほうの手水に立つエゾリス

 

りーちゃんの実況スタート

 

 

028

りーちゃん

 

「よいしょっと!水分補給は大切なのよね~

 

 ここなら、落ちても浅いから大丈夫~っ」

 

030

 

「ではでは・・・ だれもいないうちに

 いただきます~」

 

 

029

 

「落ちないように、しっかり足をふんばって、

 しっぽもふんばって、と。ゴクゴク~」

heart

「善光寺のお水って、すごくおいしい~

 

 よ~」

 

 

031

「は~っ 美味しかったあ~ さよなら~」

 

5月29日撮影

 

このあと、エゾリスの子供達が3匹巣立ち

 

りーちゃんは大忙しです。

 

カラスが子リスを狙っているので、さあ大変!

 

りーちゃんの奮闘は続く!

 

こちらは、子リスのかわいい動画です。

 

お店のブログにアップしました。

 

足の休憩室 元気とpowerをチャージ

 

http://ameblo.jp/charity-band/entry-12168528954.html

 

有珠の風景も癒されますが

 

子リスも、今がかわい~盛りです!

 

 

有珠WEB e-usu.com 

 

有珠バカンス村プロジェクトは、有珠の町の

 

癒される情報を発信する活動を行っています。

 

 

 

 

 

 

2016/06/05

有珠伝説 チャランケ岩探訪

名前だけは、なんとなく聞いたことがある

チャランケ岩

勝手に解釈しておりましたが、

有珠の伝説では

有珠の海に打ち上がった

鯨がちょうど有珠と虻田の

境界線で、両方の長(オサ)が

自分のものだと主張し、談判した

ことに由来。

7日7晩 談判し両方の長は

岩になったという言い伝えで、

アイヌ語で、談判をチャランケという

ことから、チャランケ岩と

呼ばれているのだそうです。

036

チャランケ岩に向かう、有珠漁港の港で

箱庭のような風景に出会えます。

063

ここまでは、自転車でOK

038

岩場なので、足元を確認して進みます。

039

ここから、道があるので草の上を歩きます。

040

何も見えませんが、もう少し進みます。

041

岩が出現!


042

看板も出現!
051

これが、チャランケ岩

なかなかユニークな形をしています。

この周辺の岩場も

岩遊びには最適です。

テーブルになりそうな岩も発見。

ランチタイムに活用できます!

044

ロッククライミングならぬ

ロックウォーキング

foot

大小の岩を渡り歩くのは

ちょっと集中力が必要ですが

とってもいい運動になりました。

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

046

チャランケ岩からアルトリ岬の景色

056

岩また岩の海岸です。

次回はもっと岩を歩いてみたいですね。

061

チラリと見えるチャランケ岩

この周辺だけ、とても岩が多いです。

こんなにいいところ!なのに、

入り口がわかりずらいです。

有珠善光寺門前市では

観光案内も行っておりますので

お気軽に声をかけてください。

また、土日は

有珠善光寺観光ボランティアの方々も

善光寺境内で観光案内を行っております。

本日も有珠はのどかで美しいところでした!

paper


« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

支援サイトはこちら!

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ