« 第8回 有珠 善光寺フォーラム | トップページ | 本日のお菓子は「有珠まん」 »

2016/06/25

第8回善光寺フォーラム 開催 有珠善光寺

本日は、
有珠善光寺で

善光寺フォーラムが開催されました。

札幌は少し曇り空でしたが、

途中 暴風雨地帯を通過し

有珠に向かいました。

風はとても強いものの、青空も時折

お天気でした。

予定を早めて

朝9時30分から、宝物館の無料公開。

早速、2年間の修復を終えた

釈迦如来立像を鑑賞してきました。

本日限定で

小幌の岩屋観音の円空作 岩屋観音像も

公開されました。

015

長い間、潮風を受けて原型は

わずかしか残っておりません。

講演は11時~

講師は

東京 芝増上寺の布教師を務める

札幌 龍雲寺の 丸山孝立上人

若くて元気あふれる、分かりやすいお話で

仏教に親しんでもらいたいという

熱意あふれる講演でした。

阿弥陀さま のありがた~いお話でした。

019

満員の講演会場


会場には 講演の時間を間違えて

遅れていらした方を何人か

見受けました。

宝物館の公開時間と、見間違えたようで

とても残念がっておりました。

有珠は本日も花ざかり

031

030

海岸通リの並木道

(アルトリ通リと標識がある道路)

ピンクと白の山法師が満開。

保存保存

« 第8回 有珠 善光寺フォーラム | トップページ | 本日のお菓子は「有珠まん」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

長野の善光寺は日本で最も有名で重要な仏教寺院の一つです。それは7世紀に設立され、毎年運を探して何百万もの崇拝者によって訪問されました。寺院のホールの内室には、訪問者が「楽園への鍵」を求めて歩くことができる地下通路があると言われています。これは寺院の下に隠されており、最も熱心な冒険家にとっても挑戦的な経験になる可能性があります。

「楽園への鍵」を見つける

地下通路はトンネルで構成されています。トンネルの主な目的は、壁に置かれた「楽園への鍵」を探すことであり、それに触れる人は誰でも救いを受けると信じられています。しかし、トンネル内の暗闇のため、これを行うのは非常に困難です。通路に入る光線は一本ではありません。ほとんどの人は、完全な暗闇の中、特に暗闇を恐れている人にはパニックに陥る傾向があります。


トンネルへのアクセスを許可するには、まず最初にすることは500円のチケットを購入してから靴を脱ぐことです。中に入ることは、一部の人にとって非常に恐ろしいけれども刺激的な経験になることができます。完全な暗闇と沈黙は、まるで深い瞑想のように心を落ち着かせることができます。鍵を探すために忙しく壁をつかむかもしれません。鍵を見つけることができるかもしれないし、そうでないかもしれないことを覚えておいてください、しかし、もしあなたがそうすれば、あなたは救いを受けるのに十分幸運です。

トンネルのシンボル

仏教では、涅槃は苦しみ、欲望、そして自己意識が全くない超越国家です。トンネルはこれをきれいに表現しています。それはあなたに個人的な悟りを求めて自己反省の機会を与えます。あなたは静かに自分の道を見つけながら、その中では、あなたは物事を少し遅くすることができます。

鍵を見つけるかどうかにかかわらず、最も重要なのは暗闇の中でそれを作った後に感じられる安心感です。解放感は忘れられない経験です。

http://dellexpert.ru/cborka_servera.html http://dellexpert.ru/ http://dellexpert.ru/servernoe-oborudovanie.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第8回善光寺フォーラム 開催 有珠善光寺:

« 第8回 有珠 善光寺フォーラム | トップページ | 本日のお菓子は「有珠まん」 »

支援サイトはこちら!

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ