« 雪道の歩き方 ZENちゃんと仲間たち | トップページ | 有珠善光寺 境内 三十三観音 »

2016/11/14

イザベラ・バードが見た、有珠の町を歩く ①

イギリスの旅行家 イザベラ・バードが

 

日本を訪れたのは 

 

明治11年(1878年)5月

 

横浜港に到着しています。

 

東京から青森を経由し、函館に8月に到着

 

およそ1カ月に渡り、蝦夷地を旅行。
shine

 

函館・・・森~(※船で移動)~室蘭

森から森蘭ルートと呼ばれる航路で室蘭に到着

最短ルートで室蘭入り

 
室蘭~(人力車で)~白老・・・苫小牧

 

苫小牧からは馬で勇払原野へ

・・・佐瑠太(富川)・・・平取

 

 

帰路に有珠に立ち寄っております。

 

 

平取・・(同ルートで)・・・室蘭まで

 

ここから

 

稀府(まれっぷ)・・・長流川(おさる)・・・若生(わっかおい)

 

と歩き

 

有珠に宿泊したと伝えられています。

 

 

いまから、138年も前の蝦夷地の旅
paper
もちろん、ほとんどが徒歩の旅です!
その後、
book

 

明治13年(1880年)に、旅行記

 

日本奥地紀行を出版
book

 

 

イザベラ・バードが歩いた当時を

 

かいま見る場所が

 

有珠に残っておりますので

 

ご案内いたします。

typhoon

長和の町を流れる長流川(おさる)を

 

イザベラ・バードは泳いで渡ったと

  

書いています。

typhoon
記述では、
 広くて渦を巻いている川を、歩いて渡るのではなく、
 泳いで渡るのだということを事前になにも告げず、
 「泳いでわたります」と案内人が平然と告げ、先に
  川に入っていった案内人のアイヌの態度は愉快だった

 

 

そこから、 若生(わっかおい)の町を

 

通り有珠に到着。

 

有珠では、有珠善光寺の中を廻り

 

釈迦如来像や千手観音像、手水鉢(ちょうずばち)

 

を見たとされています。

 

釈迦如来像は、どの像を見たのか、

  

判別ができないそうですが

 

手水鉢は、有珠善光寺境内に

 

現存しています。

 

ただし、現在は手水には使用されて

 

おりません。

 

 

本堂の少し左側に、ひっそりと置かれて

おります。

 

 

019


境内の風景に溶け込んだように

 

置かれている手水鉢

 

017


イザベラ・バードが有珠に着いた時と同じ

夏に写した手水鉢

夏のまぶしい日差しを浴びていました。

 

一節によりますと 有珠の町は

 

以前のほうが、夏も暑く、冬は有珠湾が凍る

 

くらい冷えたと言われています。

 

 

しかし、東京から移動してきたイザベラ・バードには

 

北海道は涼しい土地だったのではと

 

考えられます。

 

S_dsc_0179

 こちらが、有珠善光寺境内で、イザベラ・バード

 

が138年前に見たとされる観音像です。

 

風化しておりますが、その分

 

歴史を感じることができますよ〜

 

イザベラ・バードは、有珠善光寺を2~3分歩いた

  

ところにあった、 有珠会所を訪れています。

 

 001


当時の地図

043


042

現在は、会所があったという 跡地を

示す看板が残っているだけですが、

イザベラ・バードは、この有珠会所に

宿泊したのではないかと言われております。

 

明治時代そのままの静かで自然豊かな美しい有珠の風景は
イザベラ・バードの世界を残したすばらしい町です。
ぜひ、ゆっくり歩いて「イザベラ・バードの道」を楽しんで
ください。

次回に続く

 

 

お問い合わせは

~有珠の素晴らしさを広める活動~

有珠バカンス村プロジェクト事務局 まで

(足の休憩室内)

電話011-242-3002 

 

有珠WEB    http://www.e-usu.com

足の休憩室WEB http://bnfoot.websen.jp/

 

 

 

 

 

 

 

« 雪道の歩き方 ZENちゃんと仲間たち | トップページ | 有珠善光寺 境内 三十三観音 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590345/64492029

この記事へのトラックバック一覧です: イザベラ・バードが見た、有珠の町を歩く ①:

« 雪道の歩き方 ZENちゃんと仲間たち | トップページ | 有珠善光寺 境内 三十三観音 »

支援サイトはこちら!

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ